7月31日火星接近!見える方角や時間帯・関東で穴場の観測スポットは?

ニュース
スポンサーリンク

世界最先端の観測施設を有する日本における天文学のナショナルセンター「国立天文台」の発表によると、2018年7月31日「約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近」するという事です。

「約5760万km」まで近づくとされていて、2003年以来の「大接近」になる!と言われています!

肉眼でも見えるレベルらしいので、双眼鏡とかもって見に行けばかなりハッキリと観測する事が出来るかもしれません☆

まぁ中々お目にかかれないものですから、今回は、夏のイベントの一つとして「7月31日の火星大接近」に関する「見える方角や時間帯」「穴場の観測スポットはどこ?」などの情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

2018年火星大接近「見える方角と時間帯」は?

観える方角は「南」です!

日時:7月31日

 18:51くらいに「東の空」から昇り始め、

 23:32に「真南」の位置に到達します。

日時:8月1日

4:18に「西の空」に沈みます。

 7月31日の「22時」から「23時」の間に「南の空を見上げたとき赤く光る星」があります。

それが「火星」です^^

肉眼でも見えるという事で「かなりハッキリと観える」ようです。

火星が観える期間

大接近するのが「7月31日」になるという事であり、観測自体は「6月下旬から9月上旬」まで観る事が出来るそうです☆

でもせっかくなので、もっともベストな「火星観測日」になる7月31日をお見逃し無く!

「国立天文台」からの観測解説動画をどうぞ

火星大接近2018

2018年の火星の最接近は、地球と火星の軌道が最も近くなるあたりで起こるいわゆる「大接近」です。

上記の画像は、2018年の地球と火星の位置を表したものです。

1月1日には地球と火星は3億キロメートル近く離れており、火星の視直径は5秒角もありません。

その後、地球が火星に近づくにつれて火星の視直径がしだいに大きくなっていきます。

そして、7月31日16時50分に、地球と火星は、5,759万キロメートルの距離まで接近します。

このとき火星の視直径は24秒角を超え(月の視直径の約77分の1)、明るさはマイナス2.8等と、木星よりも明るくなります。

引用:国立天文台・https://www.nao.ac.jp

2018年火星大接近おススメの「観測スポット」はこちら!

東京「奥多摩」

神奈川県「城ヶ島公園」


栃木県「八方ヶ原」

群馬県「赤城山」

千葉県「東浪見海岸」

福岡県「小石原焼伝統産業会館」周辺

標高200~500mの高原

福岡市内からアクセスが良い穴場の星空スポット

住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原730-9

長崎県「白木峰高原コスモス花宇宙館」

住所:〒859-0307

長崎県諫早市白木峰町828-1

電話番号:0957-23-9003

ファクス:0957-23-9039

入場料:無料「駐車料金も無料」

熊本県「清和高原天文台」

住所:熊本県上益城郡山都町井無田1238-14

電話:0967-82-3300

営業時間:14:00~22:00

休刊日:火曜

宮崎県「五ヶ瀬ハイランドスキー場」

住所:宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字鞍丘4647-171

電話:0982-83-2144

駐車場:有り

大分県「久住高原スカイパークあざみ台」

住所:大分県竹田市久住町白丹7571-2

電話:0974-76-1430

駐車場:100台

まとめ、

というわけで、2018年7月31日の「火星大接近」を観測するのにベストな「方角や時間帯」「穴場のスポット」などをまとめてみました。

15年ぶりの火星大接近という事なので、興味のある方は是非「7月31日の夜9時頃」から「東南の空」を見上げてみてください☆

また今回の火星大接近は7月31日ですが、「火星」が観測できる期間は「9月の上旬」まで観られるという事なので、ふとした時に南の空を見上げれば「赤く光る火星」を見ることが出来るかもしれません☆

ここまで読んで頂きありがとうございました^^

関連記事

ペルセウス座流星群2018年の関西の穴場スポットは?ベストな時間・方角まとめ!
今年もペルセウス座流星群の観測に最高の季節がやってきましたね^^ 夏は夜でも暖かいのでつい夜更かしして映画を観たりしてしまいますが、せっかくの夏限定イベントなので「ペルセウス座流星群」を見に行ってはいかがでしょうか☆ 今まさにペ...
ニュース全国のイベント
スポンサーリンク
HAKO助をフォローする
スポンサーリンク
HAKOニュースどっと

コメント

タイトルとURLをコピーしました