2018年7月4日22時30分発表

台風8号が4日21時に発生しました。

現在は、まだどこにも到達していないようなのですが、7号の消滅からすぐに8号が発生したという事で、今年の夏は台風ラッシュになる可能性もありますので、今後まだまだ注意が必要です。

 

台風といえば、毎回気になるのが、進路予想と台風の規模ですよね。

ボクも台風関連のニュースをチェックする際は、その辺部分に注目しています。

最大風速などの数値は、20~30の変化によっても、想定される被害に物凄く差がありますので、皆さんも台風情報をチェックする際は、進路予想や規模だけでなく、風速などにも注意してみてください。

台風7号同様8号に関する基本情報や進路予想などの情報も載せて行きたいと思いますので、今後予想される災害や対策など、注意する点を参考にしていただければと思います。

 

まずは、今回の台風8号の基本情報からどうぞ。

 

 

2018年台風8号に関する基本情報

現在2018年7月5日(木)

  • 台風8号情報
  • 発生日時 2018年7月4日21時
  • 名前 MARIA(マリア)
  • 大きさ階級 —
  • 強さ階級 —
  • 存在地域 マリアナ諸島
  • 進行方向 北西
  • 速さ 15km/h
  • 中心気圧 996hPa
  • 最大風速 中心付近で23m/s
  • 最大瞬間風速 35m/s

風速の目安

  • 10~15メートル 歩きにくい
  • 15~25メートル 転倒する人も
  • 25~メートル  立っていられない

 

台風7号から温帯低気圧に変わった雨雲の影響によって、各地で強い雨が降っていて、もうすでに避難指示が出ている地域もあるようですし、台風だけでなく、土砂災害や河川の氾濫などにも注意しなければいけない状態です。

夏本番前にいろいろと重なりますが、注意して早めの対策をし乗り切っていきましょう!

 

台風8号の進路予想

 

台風8号の現在の状況は、北西から北北西に進み2018年 7月8日の9時頃に日本の南に達する と報道されています。

進路予想としては、週明け頃に沖縄に接近すると予想されているので、今後の台風情報に注意してください。

 

台風8号の発生と、想定できる被害・対策について

 

台風7号のすぐ後に発生した、今回の台風8号ですが、いまのところ最大風速に変化はないようなので、際立って大きな被害に繋がるレベルの勢力に発達しているわけでなありませんが、日本の台風って大体太平洋の沖の方で勢力を拡大して、徐々に本土に近づいてくるって感じですよね。

来るか来ないかは解りませんが、HAKO助の対策としては、すだれを紐で固定して飛んでいかないようにするなどを考えています。これも、早めはやめの対策としてやっていくつもりです。

 

事前に出来る対策は!?

 

植木鉢を屋内入れる

風で落下するようなものをベランダなどに置かない

駐車場のポール・自転車など、風で倒れそうなものは事前に倒した状態にしておく

など、皆さんも台風対策をするときは、台風が来ないうちに、来ると想定してやっておく事をおススメします!

 

一番に思いつくのは、大雨による【 河川の氾濫 】や【 土砂災害で 】です。

 

これは、台風といえば○○!と、言っていいくらいに気象庁からも毎回注意を呼びかけている災害なので、誰もが簡単に予測し対策を講じる事が出来る事だと言えます。

台風8号の沖縄接近がこのままの進路予想でいくと、9日頃と言われていますので、気づいたところから少しずつでも【補強】などの対策をはじめておきましょう。

 

まとめ

 

今のところ台風8号は、太平洋沖を移動している状態ですが、進路予想として【沖縄】の方に来ると発表されていますので、事前に把握できる範囲で、台風による被害や事故などを想定し、出来る限りの対策をしておいた方がいいと思います。

 

というわけで!

台風7号の消滅と同時に、台風8号が発生するという事になり、進路予想としても、このまま行くと沖縄に接近すると予想されています。

本州に近づいてくる・また直撃する事も十分に考えられますので、今後の台風情報や進路予想に注意するとともに、台風8号への対策を早め早めにやっていきましょう!

2018 7/7(土) 台風8号に関する追加情報

名称 MARIA(マリア)
大きさ —
強さ 猛烈な
存在地域 マリアナ諸島
中心位置 北緯17度00分
東経140度55分
進行方向 北西
速さ 10km/h
中心気圧 920hPa
最大風速 中心付近で55m/s
最大瞬間風速 75m/s
暴風域
(25m/s以上) 中心から130km
強風域
(15m/s以上) 北東側440km
南西側330km

やはり、関連地域に住んでいる人に直接関わってくる情報として、被害の大きさを予想する為にも【 最大風速 】に注目していただくと良いと思います。

最大風速の大きさから、予想される災害・事故をまとめ てみました。

10m/s 樹木が激しく揺れ、電線などがぴゅうぴゅうと鳴る。雨傘が壊される。
15m/s 取り付けの悪い看板が飛ぶことがある。
20m/s 身体を60度くらいに傾けないと立っていられない。
 子供は飛ばされそうになる。
25m/s 屋根瓦が飛ばされる。樹木が折れる。煙突が倒れる。
30m/s 雨戸または屋根が飛ばされることがある。しっかりしていない家が倒れる。
 電柱が倒れることがある。
35m/s 自動車や列車の客車が倒れることがある
40m/s 身体を45度に傾けないと倒れる。小石が飛ぶ。
50m/s たいていの木造家屋が倒れる。樹木は根こそぎになる
60m/s 鉄塔が曲がることがある。

弱い台風 風速17.2~25m/s未満・990hp以上
並みの台風 風速25~33m/s未満・950~989hp
強い台風 風速33~45m/s未満・930~959hp
非常に強い台風 風速45~55m/s未満・900~929hp
猛烈な台風 風速50m/s以上・900hp未満

 

九州に続き四国中国地方と、台風7号の影響によって大雨が続いています。そこへきて、今回の台風8号の発生と勢力の拡大。おまけに台風8号の今後の進路予想として、来週2018年7月9日には、日本の南に接近し沖縄に関しては台風の直撃を受けるかもしれないと予想されていいます。

うちの近くにも一級河川があるのですが7/6の時点でかなり水かさが増し、河川敷公園の広場などは水に浸かっている状態でした。今日7/7の朝にもう一度確認しにいって、さらに水かさが増している状態であれば、近くの学校などへ避難する準備もしないと、かなりヤバイ状態になるかもしれません。

事前の対策として、植木鉢の固定などは出来るかもしれませんが、家屋の補強となると簡単には出来ないので、関連地域の人は【避難】することを優先に対策をしておいた方が良いと思います。

というわけ、もうしばらくしたら、川が増水しているかどうかの確認に行ってきます!

皆さんも、お気をつけて!早めの対策をやっていきましょう!

 

2018 7/13(金) 台風8号に関する追加情報

7月12日(木) 3時、台風8号(マリア)は華中で熱帯低気圧に変わりました。

  • 温帯低気圧 12日(日) 3時現在
  • 存在地域 華中
  • 大きさ階級//
  • 強さ階級 //
  • 移動   西北西 30 km/h
  • 中心気圧 998 hPa

スポンサーリンク