癌闘病中に死去された、元レスリング選手山本KID徳郁さんに関する情報まとめ!

考え方や発想力に興味があり、山本KIDさんの動画を拝見させて頂いておりました。

格闘家でなんか恐い人、というものではなく山本KIDさんの考え方や発想力・仲間や動物「大型犬が好きとのこと」に対する優しさや思いやりなど、人間として尊敬できるところがたくさんある人物だと思います。

今回は、山本さんの経歴などの情報の他に、追悼のコメントや関連動画などをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

山本KIDさん所属ジムの公式ツイート

山本KID徳郁さんの主な経歴・プロフィール

  • 本名:岡部 徳郁(旧姓:山本)
  • 通称:KID・神の子
  • 国籍:日本の旗 日本
  • 生年月日:1977年3月15日
  • 没年月日:2018年9月18日
  • 年齢:41歳・没
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 所属:KRAZY BEE
  • 身長:163cm
  • 体重:61kg
  • リーチ:168cm
  • 階級:フェザー級、バンタム級
  • バックボーン:レスリング、修斗
  • テーマ曲:狂蜂の詩(たなか雄一狼 feat. SHINGO☆西成)

山本KID徳郁さんの動画

格闘家としての動画も迫力があるんですが、ボクは主に山本KIDさんがトレーナーとして指導されている時の考え方や発想とかが面白くで動画を観ていました。

また、山本KIDさんは犬好き「特に大型犬」という事でBAZOOKAという番組では、闘犬家(犬同士をけしかけ、傷つけ合わせて喜んでいる人)に対し、

「自分でリングに上がれ!痛みを知るべき!」

と、闘犬家の人を批判する場面も見られました。

この動画を観たときは、僕自身も賛成でしたね。

動物をけしかけて、ケンカさせ「どっちが強い弱いで」高みの見物をして喜んでいるような人間は最低だと思います!!

これに関しては、「闘犬という」文化もクソもありません、まさに山本KIDさんの言うとおり!「痛みを知れ!」って感じです。

 

闘犬家として登場した人物と山本KIDさんが、少し言い合いになるシーンが抜粋された動画がありましたので載せておきたいと思います。

山本KIDさんのトレーニング方法

筋肉を鍛えまくって強くするというよりは、バランス感覚を養っていく事で、それに付随して筋肉が付いていくという感じでした。

その動きを繰り返す事で、自然とそれに適した筋肉が付いてくるというイメージで、体操選手の筋肉のつけ方に近いかもと思いました。

山本KID徳郁さんの訃報に対するネットの反応

■闘病してる事を公表してからあまりにも早過ぎる。あのヤンチャなファイトスタイルがもう見られないとは…。
ご冥福をお祈りします。

■これは衝撃。
最近、若くしてなくなる人多いなあ…
ご冥福をお祈りします。

■びっくり…。
言葉にならない。
色々言われた人だけど、こうなると寂しい。。
ご冥福をお祈りします。

■早すぎる、、
強い人でもガンには勝てないのか、、
ご冥福お祈りします

■公表からあまりにも早かった。
ご冥福をお祈りします

■がん公表から亡くなるまでが早い……。
若すぎます。まだまだやりたいことあっただろうに……ご冥福をお祈りします。

■若くしてのガンだったから進行が早かったのかな?ご冥福をお祈りします。

■余りにも若過ぎる。
悲しい気持ちでいっぱい。
心よりご冥福をお祈りします。

■早すぎます。ありがとう。やり残したこともあると思いますがゆっくり休んでください。
ご冥福をお祈りします。

■ガセであってほしかった。
ご冥福をお祈りします。

引用:Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000071-sph-fight

まとめ、

山本KIDさんの凄さは、格闘家!という所ではなく、人間としての幅の広さ・深さみたいなところだと思います。

もちろん、戦っている動画も観た事あるので、そのパワーや迫力は凄かったです。

でも、ただ格闘家で・強くて・近寄りがたい!っていう所で止まってしまうんじゃなくて、

  • 教えれる人
  • 示せる人
  • 伝えれる人
  • 導ける人

になったという部分に、ボクは山本KIDさんの人間としての凄さを感じます。

格闘…ではないですが、僕なりに「山本KID徳郁」さんが残してくれたものを、受け継いでいけたらと思います。

山本KIDさん、ありがとうございました!

ゆっくりとおやすみください。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

それでは、また!

 

関連記事

山本KID徳郁の死因はなに?癌の種類やステージ・ネットの反応などを調べてみた!

スポンサーリンク