NHK教育番組「元・歌のお兄さん」覚せい剤使用で逮捕!

18日、

元・歌のお兄さん「沢田憲一容疑者」は、

東京・歌舞伎町の路上で警察官に職務質問を受けた際、使用済み注射器を所持しており、さらに尿からも覚せい剤の陽性反応が出たため逮捕されたという事です。

今回は、NHK教育番組にて歌のお兄さんとして出演していた「沢田憲一容疑者」に関する情報をまとめみたいと思います。

  • 事件の詳細
  • 沢田憲一容疑者の顔写真・画像は?
  • 沢田憲一容疑者の主な経歴・プロフィール
  • 沢田憲一容疑者・逮捕された現場はどこ?
  • 沢田憲一容疑者に対するネットの反応

スポンサーリンク

事件の詳細

NHKの教育番組に「歌のお兄さん」として出演していた男が、覚醒剤を使用したとして警視庁に逮捕されていたことが分かった。

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは自称・音楽講師の沢田憲一容疑者。

捜査関係者によると、沢田容疑者は18日、東京・歌舞伎町の路上で警察官の職務質問を受け、所持品からは使用済みの注射器が見つかった。

その後、沢田容疑者の尿から覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕されたという。

所属事務所のホームページによると、沢田容疑者は1996年から5年間、NHK教育テレビの

「にこにこぷんとあそぼう~うたってワクワク~」

という番組に「歌のお兄さん」として出演していたという。

引用:Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180920-00000026-nnn-soci

沢田憲一容疑者の主な経歴・プロフィール

  • 名前:澤田 憲一(さわだ けんいち)
  • 生年月日 :1969年2月6日
  • 出身地: 兵庫県
  • 身長: 173 cm
  • 体重: 65 kg
  • 学歴:大阪音大音楽学部を卒業

メディア出演・経歴

1996年から2001年までの5年間にわたって活躍!

NHK『にこにこぷんとあそぼう~うたってワクワク~』では歌のお兄さんとして出演していることで有名だったそうです。

しかし、その後の活動内容に関しては明かされていないみたいですね。

沢田憲一容疑者が逮捕された現場はどこ?

沢田憲一容疑者は、

東京・歌舞伎町の路上で警察官の職務質問を受け、所持品からは使用済みの注射器が見つかったということです。

常に持ち歩いているという感じですが、かなり前から覚せい剤を使用していたという事ですかね。

テレビ出演もしていて、知名度もあったわけですから、これから色々な可能性があったかもしれないのに、勿体無いことをしたと思います。

沢田憲一容疑者に対するネットの反応

■薬物に関しては執行猶予つけなくて良いです。実刑で10年以上入ってほしいです。無くならないです。

■薬物事件があとを絶ちませんね。

■子供番組でラリッて歌っていたなんてことがなければいいのですが。

■以前捕まった人の再犯かと思いましたが、別の人だったのですね。
同じ番組から二人も。

■歌のおにいさんからの覚醒剤の流れは決まりなの?笑

■ただ芸能人と言われると、またか…って思うだけだけど、歌のおにいさんというと衝撃が大きいな。なんとなく優しくて善人だというイメージなので。

■覚醒剤のようなアンフェタミン系の薬剤は耐性がついて100倍200倍のオーダーで薬を求めるようになるとのこと。それを買う金を調達するため自ら売人になり、肉体的にも経済的にも蝕まれ続ける人も多いという。

■人間の脳には適度な快楽物質を出して精神の安定を保ったり新たな意欲を喚起したりする機能があるが、これがうまく働かない人が覚醒剤に手を出してしまうのだろう。
過去の類似の事件で、一部の報道が、覚醒剤で性的快楽に溺れてるかのような報じ方をしていたこともあったようだが、眼前の苦難をうまく乗り越えられなかった人が覚醒剤に手を出したのだとすると、そのような興味本位とも取れる報道は罪深いものだと思う。
実際には、覚醒剤で性的快楽が増すこともないのだという。

■報道には、いかに覚醒剤に手を出すことが深刻な結果を引き起こすか、苦しい時に頼るべきところはどこか、ということを伝える役割をはたしていただきたい。

■歌のお兄さんあるある

■歌のお兄さんあるあるか・・・
チヤホヤされて辞めたら仕事がなくなるから寂しくなって覚せい剤なの?
大変だと思うけど番組作るとき出演者に強制的に検査とかさせられないのかね?
番組がおじゃんになるよりは全然いいと思うけどな
いつから使ってたかだよね…

■法の概念・裏社会の利権?・まあ他にも様々な背景が潜在していると思うけど。
勿論それに安易に興奮や満足を得ようとする本人の選択もある。が、

■ふと、そういったものを透かして、本質を見抜いていくと、大衆の医療・医薬・処方に対する意識なども、実際には思い込みによる信頼というところにも目を向けるべきだろうと思う。法的に白とは一体何を保証するものだろうか。精神科に通い薬なしじゃ生きられないようになっている人のそれとどう違うのか。などなど深く追求していけば、なんだ、
同じことじゃないかというところに行き着くのである。

引用:Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180920-00000026-nnn-soci

スポンサーリンク