生後7ヵ月の長男を虐待!傷害容疑で母親を逮捕!

27日、

自宅マンションで、生後7ヵ月の長男の頭部に衝撃を加え「急性硬膜化血腫」などのケガをさせたとして、母親の「菅家良弥容疑者(38)」が逮捕されました。

最近、母親としての人格が伴っていない人が子供を作り、虐待するという例が増えているように思います。

親きょうだいなど、相談する人が身近にいなかったとしても、日ごろのストレスを我が子に向けるというのは絶対にやっていけない事ですからね。

虐待をしたとされる母親は、

「つかまり立ちをしていて後方に転倒した」

と話、容疑を否認しているようです。

生後7ヵ月という事なので”ケガをしやすい”というのは解るのですが、普通に倒れただけでそこまでの重症になるのでしょうか?

今回は、生後7ヵ月の長男を虐待した容疑で逮捕された、無職の母親「菅家良弥容疑者(38)」に関する情報をまとめてみたいと思います。

  • 事件の詳細
  • 菅家良弥容疑者の顔写真・画像は?
  • 菅家良弥容疑者の主な経歴や犯行の動機は?
  • 菅家良弥容疑者に対するネットの反応

スポンサーリンク

事件の詳細

生後7カ月だった長男に重傷を負わせたとして、大阪府警捜査1課は27日、傷害容疑で母親の無職菅家良弥容疑者(38)=同府守口市大日東町=を逮捕した。

「つかまり立ちをしていて後方に転倒した」

と話し、容疑を否認しているという。

逮捕容疑は昨年8月23日、自宅マンションで、長男の頭部に強い衝撃を加える何らかの暴行を加え、急性硬膜下血腫などのけがをさせた疑い。

同課によると、長男を診察した病院が虐待を疑って通報し発覚。

同課が複数の医師に鑑定を依頼したところ、目立った外傷はなかったが、交通事故や数メートルの高さから転落したのと同程度の強い衝撃が加わっていたことが分かった。

引用:時事ドットコム

https://www.jiji.com/

菅家良弥容疑者の顔写真・画像は?

現時点では、菅家良弥容疑者の顔画像などは公開されていないようです。

新しい情報が発表され次第、追記などでお知らせしていきたいと思います。

菅家良弥容疑者の主な経歴や犯行の動機は?

  • 名前:菅家良弥
  • 年齢:38歳
  • 住所:大阪府守口市大日東町
  • 職業:無職
  • 家族:息子(長男7ヵ月)
  • 夫:不明
  • 容疑:傷害(長男に対しての暴行)

菅家良弥容疑者は、容疑を否認しているという事です。

菅家良弥容疑者・犯行の動機は?

「育児ノイローゼの可能性!?」

菅家良弥容疑者に旦那がいたのか…などの情報はなかったので、離婚して自分ひとりで子育てをしていた可能性もあります。

また、菅家良弥容疑者は”無職”という事なので、市の支援金などで生活をしていたのかもしれません。

給付金で生活する、それ自体は悪いことではありませんが、一体なぜ長男に傷害を負わせるほどの「暴行」を加えたのか?

「ホルモンバランスの崩れから、うつ状態になり、情緒不安定だった!?」

近くに親きょうだいが住んでいて、良好な家族関係を築いていたなら、今回のような事態になる前に「相談」などが出来たと思います。

我が子に暴行を加えた経緯など…詳細は語られていませんが、心に余裕の持てる生活を送ってはいなかったと考えられます。

菅家良弥容疑者に対するネットの反応

■幼稚園のママさんも子供が戦隊ごっこでソファーから飛び降り怪我して病院に行ったら通報され一時保護。
最近は子供自身のせいで怪我しても虐待扱い。
一部の悪質虐待親のせいで普通に育児している人が冤罪になっている気がする。

■虐待か冤罪か、事実は母親と子供にしかわかりませんが、児童相談所や警察が虐待を疑い逮捕まで至ったのには、母親の言葉遣いや態度、身なりなどの要素もあるのでは…と思ってしまいます。
怪我をされたお子さんが早く完治し、幸せな将来が待っていることを祈ります。 

■これ本当に虐待なんだろうか?
最近虐待免罪事件も問題になってるってニュースで見たけど、急性硬膜血腫であれば、その時医者はすぐ児童相談所に通報しなければいけないみたいだけど、転倒や落下の打ち所が悪ければなってしまうこともあるらしい。
ほかに外傷もないって書かれてるし、母親の言ってる「つかまり立ちをしてて後ろに転倒」って本当なんじゃないかな。
本当に恐ろしいのは、よく見ててもつかまり立ち、歩き出した頃って転倒落下が多くて大きな怪我になりやすいこと。そしてそれが虐待という形でニュースになったら、どんなに愛情かけてても疑いをかけられて誹謗中傷のまとになること。
これはこの母親だけじゃなくて、赤ちゃんを育てるうえでは誰にでも起こりうる。

■医学的な見地からみて、自力で赤ちゃんが怪我する範囲を超えてたんだろうね。数メートルの高さから落とした力って結構すごいよね。
本当に、赤ちゃんが自力で掴まり立ちをして後ろに倒れて、後頭部を打ったとしても、赤ちゃん自身でそんな力が加えられるなんて通常かんがえらい。大多数の赤ちゃんは後頭部をぶつけてもくも膜下出血などならない。 

■子供はいませんが、友人の子供見てると自分でこけたりうっかり転倒するとけっこうな音がするなと思います。
本当かどうかはわかるよしもないけど、判断は難しいなと思いました。

■自分も殴られて育ったので、子供がでる事が怖すぎる。まぁ、親も実際は実の親には育てられてないから、自分が生まれた時に子育てには大変苦労しただろうな。

■こういうニュースを見るたびに、自分は大丈夫なのか自問自答する。
もし、子供ができるなら、手をあげることなく、精一杯叱って育てて愛したい。本音はね。

■逮捕までされるということは、なにか分かりやすい態度等があったのかもしれないけれど…
子供って怪我が絶えないから、癇癪の声とかも疑われないか通報されないか怯えながら核家族の親は暮らさないとダメだね…

■今回のケースが事件なのか事故なのかわかりませんが、ハイハイし始めからこのくらいの時期はベッドから転落したりつかまり立ちから転んだり、特に目が離せない時期。
我が家ではこの時期、子供がいる部屋には隙間なく厚手のジョイントマットを敷き詰めていました。
見てる目の前でも、倒れゆく子供をとっさに受け止めるのって難しいですから。

引用:Yahoo!ニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000056-jij-soci

スポンサーリンク