小林恵美、引退の理由は 志村けん に嫌われたから!?

一時期、志村けんファミリーとしてテレビなどでも活躍されていた「小林恵美さん(35)」が、2018年9月30日をもって「芸能界を引退」されたようです。

小林恵美さん自身はブログ内で、

  • 「また新しい夢を見つけてそこに向かって頑張っていくため」

と語っているようですが、ネット上ではむしろ、

  • 志村けんファミリーから追われて仕事が減った
  • 志村けんに嫌われたからじゃないの?

という内容のものが多かったです。

あくまでもユーザーから見ると、そう思う…という事ですね。

今回は、突然引退を発表したグラビアタレントの「小林恵美さん」に関する情報をまとめてみたいと思います☆

cript>

小林恵美さん引退発表の詳細

グラビアタレントの小林恵美(35)が1日、自身のブログを更新し、芸能界を引退したことを発表した。

 小林は「私、小林恵美は9月30日をもちまして株式会社サンズエンタテインメントを退社し、芸能界を引退させていただきました」

「2002年にデビューしてから16年間、有難いことにたくさんの仕事をさせていただき、ここ1、2年自分の中でやりきったという気持ちが芽生え始めていました。また新しい夢を見つけてそこに向かって頑張っていくためにも、35歳で一つの区切りをつけさせていただくことにしました」

「応援してくださったファンの皆様、そして関係者の皆様、今まで本当に本当にありがとうございました!」

「芸能界という華やかな世界で16年間も仕事をすることができたこと、とても幸せに思います」

「また何かの機会にお互いの人生が交差することがありましたら、その時はどうぞよろしくお願いいたします!」

引用:スポーツ報知

https://www.hochi.co.jp/

芸人の有吉さんの番組での”枕営業”発言については、

  • 仕事を取るなら志村けんに枕営業でもしなければならないのか?

などの発言をしており、ネタとして面白いかと言われれば、それほどでもないですし”志村けん”さんにも失礼なのでは?と思いました。

志村けんファミリーの中で一時期「優香さん」と並んで活躍していたという事ですが…おカネが足りないときは「ヤフオク」で服などを売って食いつないでいた、という事も語っているようなので、かなり切羽詰まっていたのかもしれませんね。

主なプロフィール

  • 小林恵美(こばやし・えみ)
  • 1983年1月1日
  • 東京都生まれ
  • 35才
  • 青山学院大卒
  • 学生時代に野田義治社長率いるイエローキャブに所属
  • 後にサンズエンタテインメントに移籍
  • 身長164センチ
  • B88・W56・H83センチ
  • 05年のサッポロビールイメージガールなどを務める
  • DVDやグラビアで活躍
  • 「志村けんのバカ殿様」
  • 「志村けんのだいじょうぶだぁ」
  • 「バラいろダンディ」などテレビに出演

小林恵美が芸能界を引退した理由は?

今回、引退を発表した(小林恵美さん)自身のブログ内では、明確な理由は書かれていませんでした。

しかし、

数年前から「志村けんに干された」という事で話題になっていました。

元々、志村けんさんに気に入られてファミリー入りを果たし、一時期は「優香さん」と肩を並べて活躍していたようですが、志村けんファミリーから追われ、仕事をもどんどん減っていったようです。

そんな時に、有吉さんの番組内での

  • 仕事を取るなら志村けんに枕営業でもしなければならないのか?

という発言があったようですね。

芸能界に限らず、人間関係というものは複雑なものですから、言葉などは慎重に選ぶべきですね。

明確な理由は好評されていませんが、

芸能界での居場所を失い、仕事もなくなり、お金もないから、辞める

というのが有力なのでは、と思いました。

小林恵美さんの現在の状況・収入は?

ニコニコ動画の収録:自給600円

お金に困った月は、ヤフオクで服を売って生計を立てていた。

という事なので、コンビニのバイトより安いですね^^;

ちなにみに、

ヤフオクでの出品の方はというと、

「多いときは5万とか10万とか普通にいきます」

と語っているようなので、「小林恵美」という本人アカウントで転売とかやった方が儲かりそうですね。

それにしても、

志村さんの番組レギュラーともなれば、かなりのおカネが入ってくると思うのですが、いままで貯金などはしていなかったという事でしょうか?

まぁ、まだ35歳という事ですから、これから色々と考えていけばいいと思います。

一度テレビという世界で活躍した実績があるわけですから、意識としては一般人よりも自由だと思うので、今度は「ネット」という世界で色々と発信していくという方法もありますよね☆

スポンサーリンク