今年は10月21日ごろ、

オリオン座流星群が極大を迎えると言われています。

※「極大」とは、観察場所や時刻、月の条件などは考慮せず、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期をいいます。

オリオン座流星群は、肉眼でも確認し易い流星群とされていますが、はっきりとしたピーク時がないそうです。

そして今年は、極大日以前に月が沈むと予想されているので、月明かりの影響を受けることなく良い条件で流星を観測できるそうです☆

夜半過ぎには、一時間に5個程度の流星を見ることができると考えられます。

  • 日時:2018年10月21日~22日
  • 時刻:22日(月曜)の深夜「2時頃」

21日の夜中23時頃から、徐々に観測されるようになると言われていますが、月が沈んだ後という事で、深夜2時頃から明け方にかけてが観測しやすいそうです。

オリオン座流星群2018年の極大「21日~22日」

東京(関東)

出展:Yahoo!天気・災害

https://weather.yahoo.co.jp/weather/

オリオン座流星群が見られる方角「東京(関東)」

今回は、東京(関東)でオリオン座流星群を観測する場合の方角に関する情報をまとえてみましたので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください☆

オリオン座流星群2018の東京で見える方角は、

「東の空が見える方角を観測しましょう!」

ただ、流星は放射点を中心に放射状に様々な方向に流れていくという現象なので、

  • 夜空の暗さ
  • 見える時間帯

などの条件さえあっていれば、方角はあまり気にしなくても良いとの事です。

大阪(関西)

出展:Yahoo!天気・災害

https://weather.yahoo.co.jp/weather/

オリオン座流星群が見られる方角「大阪(関西)」

今回は、大阪(関西)でオリオン座流星群を観測する場合の方角に関する情報をまとえてみましたので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください☆

オリオン座流星群2018の大阪で見える方角は、

10月22日・深夜2:00時ごろの「東南東」

10月22日の極大日2時ごろ、オリオン座流星群は東南東の空の高い位置にあります。

大阪などの地域から観測する場合の方角としては、「東南東」なのですが、流れ星は色々な方向から流れてくるので、夜空全体を眺める感じでもいいと思います。

北海道(札幌)

出展:Yahoo!天気・災害

https://weather.yahoo.co.jp/weather/

オリオン座流星群が見られる方角「北海道(札幌)」

今回は、北海道(札幌)でオリオン座流星群を観測する場合の方角に関する情報をまとえてみましたので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください☆

オリオン座流星群2018の北海道で見える方角は、

10月22日の極大日2時ごろ、北海道地域でのオリオン座流星群は、

「 東の空 」を中心に全体を見渡すように観測しましょう☆

流れ星は色々な方向から流れてくるので、夜空全体を眺める感じでもいいと思います。

 

オリオン座流星群2018東京(関東)でおすすめの観測スポットはどこ?観測に適した時間や方角は?

オリオン座流星群2018大阪(関西)でおすすめの観測スポットはどこ?観測に適した時間や方角は?

オリオン座流星群2018北海道・札幌でおすすめの観測スポットはどこ?観測に適した時間や方角は?