今年もオリオン座流星群の時期がやってきましたね☆

今年は10月21日ごろ、オリオン座流星群が極大を迎えると言われています。

※「極大」とは、観察場所や時刻、月の条件などは考慮せず、流星群自体の活動が最も活発になること、またはその時期をいいます。

オリオン座流星群は、肉眼でも確認し易い流星群とされていますが、はっきりとしたピーク時がないそうです。

そして今年は、極大日以前に月が沈むと予想されているので、月明かりの影響を受けることなく良い条件で流星を観測できるそうです☆

夜半過ぎには、一時間に5個程度の流星を見ることができると考えられます。

今回は、今月21日頃に見頃となる「オリオン座流星群」に関する情報として

  • オリオン座流星群を観測しやすい時間
  • オリオン座流星群が見られる方角
  • 京都でおススメの観測スポットは?

などの情報をまとめてみたいと思います。

cript>

オリオン座流星群を観測しやすい時間

出展元:国立天文台公式サイト

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/10-topics02.html

オリオン座流星群2018が”最も観測しやすい”と言われている時間についてご紹介します!

せっかくの流星群観賞なので、観測に適した時間帯をしっかりと確認しておきましょう☆

オリオン座流星群2018の観測に適した時間は?

  • 日時:2018年10月21日~22日
  • 時刻:22日(月曜)の深夜「2時頃」

21日の夜中23時頃から、徐々に観測されるようになると言われていますが、月が沈んだ後という事で、深夜2時頃から明け方にかけてが観測しやすいそうです。

早めに場所取りなどを済ませて、ゆったりと寝転がっての観測がいいかもしれませんね☆

オリオン座流星群が見られる方角「京都」

今回は、京都でオリオン座流星群を観測する場合の方角に関する情報をまとえてみましたので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください☆

オリオン座流星群2018の京都で見える方角は、

オリオン座の放射点である「東の空」

を中心に、空全体を見渡すように観測するのがベストです!

オリオン座流星群は、いろいろな方向に星が流れるので、東の空の高い所を中心に全体を見渡すように観測すると良いと言われています。

できれば開けた場所で、寝ころんで夜空全体をゆっくりと眺めるのが良いですね☆

10月の夜中という事なので、かなり寒いかもしれません。

オリオン座流星群を見に行く際は、十分な防寒対策をしていくことをおすすめします^^

京都でおすすめの観測スポット

今年は、月明かりの影響も少なく、とてもいい条件で流星群を観測する事ができると言われています。

ただ、都市部などだと人口の明かりが夜空に影響する可能性もあるので、大きな街からは少し離れた場所などが良いかもしれません。

京都府立るり渓自然公園:京都府南丹市園部町園部町大河内モミノ木原

舞鶴親海公園:京都府舞鶴市字千歳地内

いこいの里久多キャンプ場:京都府京都市左京区久田川合町6

天橋立:京都府宮津市

オリオン座流星群に関するツイッター情報まとめ

https://twitter.com/Charchanhappy/status/1052088321961164800

スポンサーリンク