さくらももこの通夜や葬式・告別式はいつ?葬儀の日程や追悼番組などを調査!

スポンサーリンク
ニュース

人気アニメ:ちびまる子ちゃんで知られる「漫画家・さくらももこさん」が、お亡くなりになりました。

さくらももこさんは、今月の15日、

「乳がん」のため死去していた事が27日にわかり、

さくらプロダクションが正式に発表したという事です。

享年53歳ということなので、本当にお若くしてお亡くなりになったんだな、と思いました…。

幼稚園の頃から、ずっと観ていたアニメ作品だったので、正直ショックが大きかったです。

今回は、さくらももこさんの訃報が発表されたという事で、さくらももこさんに関する

  • さくらももこさんのお通夜・告別式はいつ?
  • さくらももこさんの葬儀の日程などの情報
  • さくらももこさんの追悼番組などの情報
  • さくらももこさんの訃報に対するネットの反応は?

などに関する情報をまとめて行きたいと思います。

スポンサーリンク

さくらももこさんのお通夜・告別式はいつ?葬儀の日程について

さくらプロダクションからのお知らせです。

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)

これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。

30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。

感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。

引用:さくらももこオフィシャルブログ

https://lineblog.me/sakuramomoko/

さくらももこ先生に、最後のお別れをと思っているファン方も、大勢いらっしゃる事と思います。

公式ブログのほうを調べてみたところ、さくらももこ先生のお葬式は、すでに済んでいるようです。

一般の方に発表が行われたのが、27日ということなのですが。

15日には、すでにお亡くなりになっていたという事なので、葬儀などはすでに終わっているようです。

 

公式ブログによると…

お通夜・告別式は、ご遺族の意向により、親族・近親者のみで執り行われたという事です。

ファンの方にとっては、さみしい気もしますが、ご遺族の意向という事なので仕方ありません。

スポンサーリンク

さくらももこさんの追悼番組などの情報「アニメは継続?」

アニメ:ちびまる子ちゃんは、番組開始から29年を迎えるという事です。

原作者である、さくらももこ先生がお亡くなりになり、アニメはいったいどうなるの?

と、心配の視聴者の方もいらっしゃると思います。

アニメに関しては、「継続」と発表されていました。

スタッフ・キャスト一同、これからも面白い、ちびまる子ちゃんを制作していきたいと思います

という誓いのコメントをされていました。

追悼番組について

アニメだけでなく追悼番組に関しても、かなり話題になっているようなので、早速調べてみました!

日本を代表する漫画家という事で、追悼番組なども制作されるのかな…と思っていたのですが、

いまのところ、さくらももこ先生の「追悼番組」の制作は予定されていないようです。

以前、キャスターの小林麻央さんが癌でお亡くなりなった時は、追悼番組が放送されたそうですが、「漫画家」というのは、テレビ局もあまり引っ張ってネタにしないのかもしれませんね。

まぁ、テレビは基本数字がすべてですから。

さみしい気もしますが、今のところ「さくらももこ先生の追悼番組」は放送されそうにありませんね。

スポンサーリンク

さくらももこさんの訃報に対するネットの反応

スポンサーリンク

まとめ、

というわけで今回は、漫画さくらももこさんの訃報に関する情報をまとめてみました。

お葬式などは、親族の意向により、すでに終わっているという事ですが、ツイッターなどでファンとしての気持ちをツイートするだけでも、ご遺族や製作スタッフの方などの励みのあると思います。

そして今回は、さくらももこ先生へのツイートを調べてみて、本当に色々な方が、たくさんのコメントを寄せられていて、多くのファンに愛された漫画家さんだったという事を感じました。

やっぱ漫画家っていうのは、凄い存在だな~と思いました。

原作者の方が亡くなられて、哀しい気持ちもありますが、生み出したキャラクターはずっと僕たちに夢を与え続けてくれるんですよね☆

これからも、アニメ「ちびまる子ちゃん」に期待しつつ、

今は、原作者「さくらももこ先生」の御冥福をお祈りしたいと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうござました。

ニュース
スポンサーリンク
HAKO助をフォローする
スポンサーリンク
HAKOニュースどっと

コメント

タイトルとURLをコピーしました