あ~終わったんだな~…。

 

いえっ!!終わってなんかいません!

クレヨンしんちゃんは、まだまだ続きます^^

初代:矢島晶子さんさんから、、二代目(小林由美子)さんに引継ぎ、来週から二代目しんちゃんとして、始まります!

この話題は日本中の人がたくさん書かれたり拡散して共有していると思いますが、僕も毎週クレヨンしんちゃんを観て育った世代なので、一区切りというか、(T∀T):あ~最終回か~…みたいな、ノスタルジックな気分に浸ってしまい、ちょっと書いておきたいな~と思いました。

 

いや~思えば長かった…、じゃなくて!長く続いている作品なわけですよ☆

それでは、クレヨンしんちゃんの声優矢島晶子さんの最後のアフレコと、しんちゃんの劇場版第一作目などについて振り返りながら、書いていきたいと思います!

 

それでは、さっそく!

 

クレヨンしんちゃん映画第一弾!

 

映画とか、一番最初の【アクション仮面VSハイグレ魔王】から

リアルタイムで追って観てるし、子供から大人になる流れで

今も続いているわけですから、凄いですよね~☆^^

 

アクション仮面VSハイグレ魔王

1993年7月24日に劇場公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズの1作目。

上映時間は95分。興行収入は22.2億円。原作は第6巻の大長編。

 

ハイグレ魔王は完全子供向け「 夏休みアニメ映画! 」って感じですが

 

しんちゃんの歴史は長く、大人向けとして十分通用する映画も

もちろんあります!!

 

もし、今年の夏はモーレツに泣きたい!!

という方には、こちらのタイトルなどいかがでしょう☆

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

子どもの親に向けられた作品!

大人の鑑賞にも堪え得る感動作であることを強調した。

 

PTAとかでも

 

PTA:子供がしんちゃんの真似をするからやめろ~っ!!

みたいな、感じで話題というか問題になったりもしてましたね。

 

あの時は、みんな!男の子だけじゃんくて、女の子とかも一部

オラね~」とか言ってましたからね。

 

まぁ、女の子は基本的には【 美少女戦士セーラームーン☆ 】とか

でしたけどね~。

 

男の子は【クレヨンしんちゃん】観て、真似するから

下品な子供って感じでしたね~^^;

 

でも、実際のところ【ドラゴンボールZ】とかも同時にやってて

一体どっちの オラ のつもりで言ってるんだろ~?

とか思ってました!

しんのすけ:あ~、オラ毎日たのしい!

 

矢島晶子さんによるラストアフレコのストーリー!

スタッフ

  • 2018年6月29日放送
  • 脚本・絵コンテ・演出 ムトウユージ
  • 作画監督・原画 木村陽子

 

内容

・あさ幼稚園バスに乗り遅れ

・風間くんの耳に息を吹きかけ

・チョコビを食べ

・アクション仮面を見て

・ケツだけ星人をする

 

いつものしんちゃんが、いつもと同じように

一日を過ごすショートストーリー

 

そして、ストーリの最後にしんちゃんの家が移り

「 ああ、オラ毎日楽しい!  」

のセリフでストーリーは、締めくくられる

 

わずか1分ほどの短いストーリーですが「クレヨンしんちゃん」をリアルタイムで追ってみてきた、子供から大人へと成長した人たち

矢島晶子さん=しんちゃん

というイメージの中で作品を楽しんできた人たちにとっては、いろいろな気持ちや過去の場面を、思い出したのではないでしょうか。

 

しんちゃんの声優の、これまでとこれから!

 

1992年4月13日の第1回放送から 26年3か月 に渡って野原しんのすけを演じてきた矢島晶子さんの最後の出演話となりました。

 

引退の理由としては

「声を保ち続けることが難しくなり、役としての自然な表現ができなくなってしまった」

と話されています。

 

しかし、代役の声優さんもすでに決まっているので、クレヨンしんちゃん自体が終わってしまうわけでありません。

 

しんちゃんの代役は!?

代役声優さんに関しては、すでにwikipediaでも紹介されています!

声優:小林由美子さん

『アニメージュ』日本ナレーション演技研究所主催の声優スクールを卒業された方です。

2018年7月6日より、『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけ役を、初代しんちゃん役の矢島晶子さんから引き継ぎました。

 

初代声優の矢島晶子さんの歴史は?

矢島晶子さんは新潟県出身。淑徳短大卒。

所属はなくフリーだが、AIR AGENCYと業務提携をしている。

1988年に声優デビュー。

1992年のアニメ「クレヨンしんちゃん」開始当初から「しんのすけ」役を務めてきた。

開始当初は、普通の男の子といった感じのクセの無い声質だったが

アニメ開始の翌年ごろから、現代のキャラクター性のつよい声質に変わっていった。

 

ちなみに、矢島さん本来の声は、もっとスーッと通るような、少女という感じ声質で

他の作品のキャラクターで言うと

  • クレヨンしんちゃんに出てくる なぐられウサギ
  • クマのプー太郎に出てくる しあわせウサギ
  • さよなら絶望先生( 女教師キャラ、叫ぶとしんちゃんにしか聞こえません (笑)

 

映画作品でいえば

  • ホームアローン
  • エスター(サイコホラーです)

 

などなど

 

役者としての演技力と、幅広い声質も持った声優さんなので、これからも

違うキャラクターや、映画のアフレコなどで頑張ってほしいです!!

長年の演技で、裏声は完全にしんちゃん化してしまったようですが! (> ω <)

 

そして、しんちゃんの声を維持していくのが限界となり、最後のアフレコを終えられたわけですが、来週からは新生しんちゃんとして、またお茶の間を賑わしてくれると思います!

 

最後に、

 

とうわけで、しんちゃんは、まだまだ続きますが☆

 

一つの節目として、一つの別れがあり!

そして、一つの出会いがありました!!

 

小林由美子さん、新生野原しんのすけとして、お茶間を賑わしてください!

 

そして!

 

矢島晶子さん、野原しんのすけ君

ありがとう!!そして、おつかれさまでした!!

 

スポンサーリンク