ホンダは人気の二輪車「スーパーカブ」発売60周年を記念して、スーパーカブ限定モデルや海外モデルを展示するイベントを開催。

そして10月末までの「期間限定」で、小型バイクスーパーカブの発売60周年にちなんだ、「記念モデルの受注」を開始したと発表しました。

カブファンの方やそれ以外の方であっても、60周年記念・限定モデルというからには、やはりカラーやデザインなどが気になってくるのではないでしょうか^^

今回の記事では、60周年記念モデルとして生産されたスーパーカブ限定モデルの

  • 発売日はいつ?
  • カラー・デザインは?
  • 販売価格はいくら?

など「スーパーカブ」の今コレが気になる!を中心に情報をまとめてみましたので、バイク好きの方や「スーパーカブ」や「限定モデル」に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

60周年記念「スーパーカブ限定モデル」の発売日はいつ?

記念モデルの発売日は11月22日から!

受注期間は8月1日から10月31日までと発表されています。

「60周年記念・限定モデル」という意味で手に入れておきたい!という方は、早いうちに購入を決めておかないと、

「転売目的」で買われちゃったら、価格がいっきに高騰!!

なんて事もありますからね^^;

販売価格は?

     50cc243、000円

110cc286、200円

と、通常スーパーカブより約1万円ほど高い価格設定となっています。

また、今回のスーパーカブ限定モデルの販売数に関する情報としてホンダは、2300台の販売を見込んでいるとしています。

スーパーカブは、同社創業者の故本田宗一郎氏が開発の指揮を執り、1958年8月に初代モデルが登場し、アジアを中心に販売のシェアを拡大し、今年60周年を迎える事となったロングセラー商品です☆

燃費性能や耐久性に優れ、個人用や業務用として160以上の国・地域で販売され、世界の累計販売台数は、2018年6月末時点で

1億200万台」に達しているといわれています。

スーパーカブ限定モデルの「カラー・デザイン」や主要諸元はどんな感じ?

60周年記念モデルとなるスーパーカブのカラーデザインは、こちらの「赤」を基調としたデザインとなります。

また、車体やキーには60周年記念のエンブレムを付けるとされています。

一部では「郵便屋さんのバイク」というふうに言われいます。

スーパーカブ110・60周年アニバーサリーの概要

【スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリーの特別仕様】

  • 現行型スーパーカブ50/110をベースにマグナレッドのボディーカラーにツートーン仕様のシート
  • ブラック塗装のリアキャリアを採用する特別なカラーリング
  • スーパーカブ誕生60周年の記念エンブレムがサイドカバーとキーにそれぞれ採用
  • メーターを縁取るリングとフロントカバーのエンブレムにクロームメッキ
  • サイドカバーとキーに60周年を記念した専用エンブレムを採用

特別なカラーリングとエンブレムを採用する事で、60周年記念にふわさしい存在感あるデザインに仕上がっていますね。

あまり大きな追加要素がない分、カブの基本となるデザインを守った外観の設計となっていて、特別感を出しつつスーパーカブの良さを残した仕上がりなので、現行モデルファンの方にとっては、嬉しい記念モデルとなったのではないでしょうか^^

スーパーカブ60周年アニバーサリー主要諸元

  • 通称名 スーパーカブ50・60周年アニバーサリー スーパーカブ110・60周年アニバーサリー
  • 車名・型式 ホンダ・2BH-AA09 ホンダ・2BJ-JA44
  • 全長×全幅×全高(mm) 1,860×695×1,040
  • 軸距(mm) 1,210 1,205
  • 最低地上高(mm) 135
  • シート高(mm) 735
  • 車両重量(kg) 96 99
  • 乗車定員(人) 1 2
  • 最小回転半径(m) 1.9
  • エンジン型式・種類 AA04E・空冷 4ストローク
  • OHC 単気筒 JA10E・空冷 4ストローク
  • OHC 単気筒
  • 総排気量(cm3) 49 109
  • 内径×行程(mm) 37.8×44.0 50.0×55.6
  • 圧縮比 10.0 9.0
  • 最高出力(kW[PS]/rpm) 2.7[3.7]/7,500 5.9[8.0]/7,500
  • 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 3.8[0.39]/5,500 8.5[0.87]/5,500
  • 燃費(km/L) 国交省届出 105.0(30)
  • <1名乗車時> 62.0(60)
  • <2名乗車時>
  • WMTCモード 69.4(クラス1)
  • <1名乗車時> 67.0(クラス1)
  • <1名乗車時>
  • 燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)
  • 始動方式 セルフ式(キック式併設)
  • 点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
  • 潤滑方式 圧送飛沫併用式
  • 燃料タンク容量(L) 4.3
  • クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラムスプリング式
  • 変速機形式 ※4
  • 変速比 1速 3.181 2.615
  • 2速 1.705 1.555
  • 3速 1.190 1.136
  • 4速 0.916 0.916
  • 減速比(1次/2次) 4.058/3.538 4.058/2.500
  • キャスター角/トレール量(mm) 26°30´/72 26°30´/73
  • タイヤ 前 60/100-17M/C 33P 70/90-17M/C 38P
  • 後 60/100-17M/C 33P 80/90-17M/C 44P
  • ブレーキ形式 前/後 機械式リーディング・トレーリング
  • 懸架方式 前 テレスコピック式
  • 後 スイングアーム式
  • フレーム形式 バックボーン

新旧モデルのデザインと・販売価格推移まとめ

https://twitter.com/8Iy9880e8jjb40J/status/1024608018845974528

初期からの価格推移

1958年:スーパーカブc100:55,000円

1960年:スーパーカブc102:62,000円

1961年:スーパーカブcd105:57,000円

1966年:スーパーカブc50:57,000円

1968年:スーパーカブc90:76,000円

1969年:スーパーカブc50:60,000円

1969年:スーパーカブc70:66,000円

1971年:スーパーカブc70DX:68,000円

1976年:スーパーカブc70DX:99,000円

1978年:スーパーカブc50DX:105,000円

1980年:スーパーカブc90DX:130,000円

1981年:スーパーカブ50:114,000円

1981年:スーパーカブ50DX:122,000円

1981年:スーパーカブ70DX:129,000円

1981年:スーパーカブ90DX:140,000円

1982年:スーパーカブ50SDX:137,000円

1983年:スーパーカブ50スーパーカスタム:144,000円

1983年:スーパーカブ50スーパーカスタム(赤カブ)157,000円

1986年:スーパーカブ50スタンダート:135,000円

1988年:スーパーカブ50カスタムスペシャル:165,000円

1994年:スーパーカブ100:209,000円

1995年:スーパーカブ50DX:165,000円

1996年:スーパーカブ50スタンダード:155,000円

1997年:リトルカブ:159,000円

1998年:リトルカブ・50thアニバーサリーSP:159,000円

1999年:リトルカブ:164,000円

2000年:スーパーカブ90DX:177,000円

2001年:スーパーカブ50SD:164,000円

2002年:スーパーカブ50SD:159,000円

2007年:スーパーカブ50SD:204,750円

2008年:スーパーカブ50・50周年SP:204,750円

2009年:スーパーカブ110:249,900円

2010年:スーパーカブ110:249,900円

まとめ、

いかがだったでしょうか^^

今回は、ホンダ製「スーパーカブ」60周年記念として生産される限定モデルの情報をまとめてみました。

配色などは実にシンプルな感じですが、スーパーカブらしいと言った感じではないでしょうか☆

赤が栄えて「正面」から見るとなかなかオシャレな雰囲気になっているかなと思いました^^

記念モデルの発売日は11月22日となっており、限定モデルの受注期間は8月1日から10月31日までとされています。

そしてここで、お値段のおさらいを!

  • 50cc:243、000円
  • 110cc:286、200円

と、通常スーパーカブより約1万円ほど高い価格設定となっています。

「60周年記念・限定モデル」という意味で手に入れておきたい方は、お早めのご決断を☆

最近は、「転売目的」の輩が多いですから!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました^^

スポンサーリンク