台風28号

20日(火)午後9時、トラック諸島近海で台風28号が発生しました。

台風の中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、1時間に約15キロの速さで西北西に進んでいます。

引用:Yahoo!天気・災害

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

今年は、かなり大型の台風が何度も発生した10月でしたが。

ここへ来てさらに新しい台風が発生したようです。

10月に発生した台風の被害を考慮すると、今後28号がどの様な進路を進んでいくのか?

イロイロと気になっている方も多いと思います。

 

この記事では、

  • 台風28号の基本情報
  • 台風28号の米軍最新進路予想
  • 米軍JTWCの図面の読み方

などの情報をまとめています。

追記あり

2018年/台風28号の基本情報

  • <台風28号>
  • 名称 MAN-YI(マンニィ)
  • 大きさ —
  • 強さ —
  • 存在地域 トラック諸島近海
  • 中心位置 北緯4度55分
  • 東経153度05分
  • 進行方向 西北西
  • 速さ 15km/h
  • 中心気圧 1000hPa
  • 最大風速 中心付近で18m/s
  • 最大瞬間風速 25m/s
  • 暴風域(25m/s以上) —
  • 強風域(15m/s以上) 中心から220km

 

大きな被害などが心配されるのは、中心付近の最大風速「25m以上」と言われているので、今のところはまだ大きな被害となるレベルの台風ではないようです。

しかし、今後発達していく可能性がありますので、早めの対策をしておいた方が良さそうですね。

風速による被害予想

  • 10~15メートル 歩きにくい
  • 15~25メートル 転倒する人も
  • 25メートル以上 立っていられない
  • 30メートル以上 植木鉢の落下・物が飛んでくる

 

ちなみに、今回西日本に大きな被害を与えた「台風21号・22号」の勢力はこちらです。

  • 台風21号
  • 大きさ階級://
  • 強さ階級:猛烈な
  • 移動:西北西 20 km/h
  • 中心気圧:915 hPa
  • 最大風速:55 m/s (中心付近)
  • 最大瞬間風速:75 m/s
  • 台風22号
  • 最大風速70m/s
  • 最大瞬間風速85m/s
  • 米軍予想

台風28号・最新の進路予想は?

台風28号の現状と今後の見通し

20日午後9時に、トラック諸島近海で台風28号「マンニィ」が発生しました。

中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートルで、1時間に15キロの速さで西北西へ進んでいます。

この後も台風は西よりに進み、あす(21日)の午後9時以降、次第に進路を北向きに変えながら進むでしょう。

今後の台風の動きにお気をつけ下さい。

引用:天気.jp

https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2018/11/20/2707.html

ツイッターアカウント「特務機関NERV」は、更新スピードも早いの今の内にフォローしておくのもいいかもしれません。

 

2018-11-22台風28号の最新情報「追記」

-22日・15:00ごろ-

  • <台風28号>
  • 名称 MAN-YI(マンニィ)
  • 大きさ —
  • 強さ —
  • 存在地域 トラック諸島近海
  • 中心位置 北緯4度55分
  • 東経153度05分
  • 進行方向 西北西
  • 速さ 55km/h
  • 中心気圧 1000hPa
  • 最大風速 中心付近で30m/s
  • 最大瞬間風速 45m/s

 

速度や最大風速ともに、発生した時よりも大きく発達してきているようです。

  • 速さ 55km/h
  • 中心気圧 1000hPa
  • 最大風速 中心付近で30m/s
  • 最大瞬間風速 45m/s

今後の進路予想ですが、日本へと向かってくる可能性もありそうですね。

まだ距離があるのでさらに発達した場合には、スーパー台風といわれるレベルの風速になるかもしれません。

 

もう一度、最大風速の変化によって想定される被害を載せておきます。

  • 10~15メートル 歩きにくい
  • 15~25メートル 転倒する人も
  • 25メートル以上 立っていられない
  • 30メートル以上 植木鉢の落下・物が飛んでくる

2018-11-24「追記」

  • 台風28号
  • 強さ:強い
  • 進路:北西
  • 速さ:25km/h
  • 中心気圧:955hPa
  • 最大風速 中心付近で:40m/s
  • 最大瞬間風速:60m/s

速度がやや落ちて、勢力が増しているといった状態のようです。

予想の進路範囲にも日本がしっかりと入っているようなので、植木鉢や自転車の固定など、いろいろと対策を始めていった方がイイかもしれませんね。

米軍JTWCとは?読み方や意味まとめ

JTWC

Joint Typhoon Warning Centerの頭文字を取ったもの、アメリカ海軍と空軍が共同で設置した機関・アメリカ合衆国とミクロネシア住民のために、

  • 北太平洋地域
  • 南太平洋地域
  • インド洋地域

で発生する台風および熱帯低気圧を監視・警報する任務を負った機関

 

台風情報もココ最近は、ネットなどから情報収集する事がほとんどとなりました。

ネット検索で台風情報などを調べたとき、

「台風○○の米軍による最新進路予想」

などのワードを見た事があるユーザーも多いのではないでしょうか。

 

ユーザーによっては、

気象庁の予報よりも米軍予想の方が正確で早い!

とのウワサもあり、台風発生時にはとりえず米軍(JTWC)の最新情報を検索するという方もいるそうです。

 

しかし、精度に関してはあまり変わらないという意見もあるので、気象庁と米軍(JTWC)予想の両方を見て、今後の行動や対策の判断材料にするのが一番だと思います!

 

JTWCの見方・アクセス方法や使い方は?

検索エンジンにJTWCと入れて検索すればすぐ出てきます。

http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

 

実際に検索しアクセスしてみると、この様なページが出てきます。

 

 

次に、

画面右側の

「•TC Warning Graphic」

をクリック↓

 

すると以下のような画像が表示されます。

この画像は、6時間ごとに更新され、

5日先の台風進路予想図と風速「17.2メートル」以上の暴風域の予想範囲を表したものです。

 

周りの大きな赤色の点線で囲まれた範囲が、

「風速17.2メートル以上の暴風域」

 

円から伸びた先に表示された数字が、

「日付・時間」

 

  • <例>
  • 『 10/00z』の表示は、
  •  ↓
  • 『 10日0時』と考える。

 

表示時間は日本時間ではありません。アメリカによる情報収集機関なので、日本時間に当てはめる場合は、表示されている数字に+9(9時間)足して見るそうです。

 

  • <例>
  • 『 10/00z』
  •  ↓+9時間
  • 『 10日9時』の状況を示している

 

台風21号・22号の情報まとめ

今年発生し、大きな被害の出た台風情報として「21・22」号の情報を載せておきたいと思います。

  • 家屋倒壊・破損
  • 車の横転

など、

台風28号が発達し日本に接近した場合にどの様な被害が想定されるのか?

最大風速の変化などに注意しながら、事前の対策をしていきましょう!

 

台風21号

最大風速:55 m/s (中心付近)

最大瞬間風速:75 m/s

 

台風22号

最大風速70m/s

最大瞬間風速85m/s

※米軍による今後の予想

 

風速の目安

  • 10~15メートル 歩きにくい
  • 15~25メートル 転倒する人も
  • 25メートル以上 立っていられない
  • 30メートル以上 植木鉢の落下・物が飛んでくる

 

まとめ、

というわけで今回は、新たに発生した台風28号

 名称 MAN-YI(マンニィ)

に関する情報をまとめてみました。

今年は、異常と言っていい程、地震や台風などの災害が多い年です。

皆さんも、多くの情報を的確に収集し、事前の対策を心がけていきましょう!

 

スポンサーリンク