国土もでかいし、投じた予算もかなりデカい

そんな中国映画さんですが、今回は思惑通りに行かなかったみたいですね。

つ~かHAKO助としては、「チャウ・シンチー監督」の「少林サッカー」以降、中国映画にはあまり触れておりませんが。

というわけで、今回は! ニュースサイトでも「大コケの中国映画「阿修羅!」とデカデカ書かれていた映画作品に関する「お金のはなし」や「大コケの理由」「予告動画はどんな感じか?」などをまとめてみました!

中国映画「阿修羅」のあらすじや「大コケ」の理由は?

コレに関しては、映画のあらすじ・ネタバレ内容など、一切書かれていませんでした。

なんとなくの「物語構成」と「予告動画」がありましたので、そちらを情報として告動画は?」の方にまとめておきます。

中国映画「阿修羅」大コケの理由「追記分

大コケの理由として、イチバン多かった意見が「CGや視覚効果が多すぎる!」という意見でした。

チベット仏教の 神話 に着想を得た 壮大な3部作として、製作の背景には伝統的な中国文化を題材とした作品を推奨する中国当局の働き掛けがあった。とされているのですが、実際に出来上がったモノはどうみもて、何かどこかで「観た事があるファンタジーの寄せ集め!」という感じが拭えませんよね^^;

今回の大コケの理由としては、「阿修羅」は、当初おおぜいのユーザーが映画を観に訪れたものの、結果としてその「大勢のユーザーが投稿したレビューサイトへの低評価コメントがキッカケ」となったようです。

 

尚、現時点で「日本での公開」の話は決まっていないそうなので、「そんなにつまらないならちょっと観てみたかったかも(笑)」という方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら難しそうです。^^;

中国映画「阿修羅」制作費や興行収入はいくら!?

アリババ影業集団(アリババ・ピクチャーズ、Alibaba Pictures)

中国国営メディアの発表によると、超大作映画「阿修羅」の製作費用は、7億5000万元(約126億円)だったと言われています。

ちなみに、これまで制作されてきた中国映画は、「大作映画」であっても大半は、「阿修羅」の半分くらいの予算で製作されていたそうです。

つまり、60億かけたとしても「黒字」だったという事なのでしょう!

そういう成功例がなければ、いきなり「倍の金額を投資」するなんて「とんでもない事」できませんからね~(^^; )

では、大コケしたという今回の「阿修羅」は、実際いくら稼いだんでしょうか?

中国映画「阿修羅」の興行収入はいくらだったの?

中国の映画チケット販売サイト「猫眼電影(Maoyan)」さんによると、初週の週末興行収入は

「阿修羅」の製作費用7億5000万元 (約126億円) に対して

  4900万元 (約8億2500万円) 程度しかなかったらしいです。

 

同作のソーシャルメディア公式アカウントは15日、同日午後10時をもって映画館での上映を打ち切ると発表しました。

 

 「 上映自体やめちゃった!!(笑 」

(^^;)うん!すげー損害って事だけは分かります!

もうやってらんなかったんでしょうね~(いろいろな意味で)

 

ニュースにも特に書かれていませんし、自国での上映を停止するくらいですから「日本公開」は無さそうですね。

 

「そして、さらにさらに!!」

米ドル換算した推定損失額は1億600万ドル!!

興行成績分析サイト「ボックス・オフィス・モジョ(Box Office Mojo)」によると「阿修羅」は、世界「赤字」映画史上5位!!

過去最大の「赤字作品」は1億2500万ドル(約140億円)の損失を出した『シンドバッド 7つの海の伝説(Sinbad: Legend of the Seven Seas)』という映画だそうです。

 

「過去最大の赤字作品シンドバッド予告動画がこちら」

 

まぁ、「阿修羅」は、赤字一位でなかっただけ良かったじゃないですか^^;

でも、もしかしたら…逆に「赤字世界一位」の方が話題になって「人が集まった」かもしれませんが。

そんなにつまんないの!!?」って感じで。

阿修羅「ストーリ構成」と頑張ったところ!

阿修羅のあらすじ

世界で物事、天の善と悪のルールに従って、阿修羅界、人間界、World of Warcraftの、と悪霊の産業部門の煉獄生まれ変わりの6円以来。

人生は、生まれ変わりは数百年前までは以上であり、長いまたは3阿修羅王の(レオン・カーフェイヘッドの装飾品は望む、カリーナ・ラウ戦略の飾りヘッド)攻撃の日には、善と悪の欲望を置き換えるために戦争を開始しました。

アシュラ王は敗北して洞察力の頭を失い(呉レイ装飾品)、煉獄の世界に送られました。百年後、阿修羅阿修羅王はコミュニティに、コミュニティの頭の人間の生まれ変わりを洞察見つけるために – 若い羊飼い如意(武磊飾り)、そして彼の演奏の日に合わせてみました。

片面が最高、片方が愛、もう片面が悪、そして極端な欲望です。

一方は人間の家であり、もう一方はアシュラの世界です。拘束されていない羊飼いの少年は何が起こるのかを決定し、6つのサークルはどのように戻ってくるでしょうか?

引用:https://movie.douban.com

チベット仏教の 神話 に着想を得た 壮大な3部作

「 第1部として、13日に公開 」

製作の背景には、伝統的な中国文化を題材とした作品を推奨する中国当局の働き掛けがあったもようです。

本作は製作に6年を費やし、映像面に多額の予算を投入

上映時間141分のうち2400シーンに特殊効果を用いた超大作映画だそうです!!

中国人ユーザーの評価は?

ちなみに、中国人ユーザーの皆さんの評価として、中国で最も影響力の大きいレビューサイト「豆弁(Douban)」での評価は

「 10点満点中わずか3.1点 」

この映画に対して寄せられたコメントなどは

おぞましい!

単なる糞便の壮大な山だ!」

なんだこの兜、戦隊モノか?

ファイナルファンタジーの映画思い出すね!

誰が観るねんw こんな映画

中国のファンタジー映画って だいたいみんな波動拳撃つよね。 あと空飛んだり。

そんなにヒドい映画って…インディーズ(自主制作)の「まがいモノ」レベルなの?

ちょっと観てみたいかも(^^;)

中国映画「阿修羅」予告動画は?

 

ん~…。

ネヴァーエンディング・ストーリー」と「ロードオブ・ザ・リング」の様な何か…。

なんか、いろいろな「ファンタジー系映画」の「ごちゃまぜ感」がありますね。

もともとこういうのって、「西洋圏」の方々が作って来たような映画内容だから、僕自身に変な「フィルター」がかかっちゃってる可能性もあります。

映画というジャンルに一切の偏見を持たなければ「意外とおもしろい」部分を見出せるかもですね。

まとめ、

まぁ何か壮大なファンタジーらしんですが、ポスターを見る限りは「ダサい衣装ですな~」って思いました(笑

衣装に関しては、ネット上でも「コスプレ感ハンパない!」というようなコメントが結構あります。

多分観る事は無いと思いますけど「ネタ」として「まとめ」てみましたので、興味があれば是非☆

 

AbemaTVでやってくれたら観ます(笑)

スポンサーリンク