不正問題で辞任した「ボクシング連盟会長」の山根明氏ですが、その長男に当たる山根昌守氏も日本連盟を辞任したようです。

日本ボクシング連盟の副会長も務めていたようですが、やはり父親の起こしたボクシング不正問題が関係しているでしょうか。

今回は、父親に変わり会見を行った山根元会長の長男「山根昌守」氏に関する

  • 山根昌守氏の主な経歴
  • 山根昌守氏の顔画像は?
  • バカ息子と批判されている理由!

などについて情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

山根昌守の主な経歴・顔画像は?

名前:山根昌守

生年月日:1964年9月27日

身長:170cm

学歴:大阪市立十三中学校

山根昌守氏の最終学歴は中卒となっているようです。

中学卒業後すぐに働き始め、その後米国車専門の中古車の会社「アティックオート株式会社」を経営していたようですが、2017年12月31日に閉店したそうです。

その後、父親である山根明氏の援助もあったと思いますが、日本ボクシング連盟「副会長」となったようです。

そして2012年に第三十回オリンピック競技大会においてチームリーダーに就任。

山根昌守が、バカ息子と批判されている理由は?

ボクシング連盟副会長を務めていた山根氏の長安「山根昌守」氏ですが、バカ息子と批判されている一番の理由は、ボクシング試合におけるセコンド問題だといわれています。

山根昌守氏は、ボクシング経験が無いにもかかわらず、村田選手のセコンド入ってきましたが、どうやら理由は「テレビ」に写るためだったそうです。

格闘ど素人の山根氏を試合においてセコンドに付けたという話題も批判の対象になっていますが、こちらも(父親)山根明会長の権限あっての事だと思います。

素人というだけでも問題があるのに、選手の邪魔をしたり、村田選手の寝ている部屋に入ってきてビールをあさるとか、ホント人間としてバカなんだと思いました!

しかし、普通考えられませんよね、ど素人に選手の状態や「試合中止・続行」を判断する役割を与えるなんて^^;

そして今回、ボクシング不正問題によって、父親と同じく辞任という形を取ったのだと思われます。

ホント山根昌守は、辞任して良かったと思いました!

息子は散々選手の邪魔してるだけなのに、↓山根語録とか頭おかしいんでしょうね^^;

まとめ、

というわけで結果として、父親「山根明」氏に次いで長男で副会長を務めていた「山根昌守」氏も辞任したという事だそうです。

良かったと思いますよ(笑)

不正どころか、そもそもの考え方や、やってる事がむちゃくちゃだし、異常だと思いました。

ニュースサイトやツイッターの情報を読めば読むほど、ボクシングファンなら腹が立ってしょうがないでしょうね^^;

ホントにカネの臭いがするところっていうのは、いろいろと闇が深いですね。

今後もどんどん社会の膿(うみ)が出てくることを心から願っています!

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました^^

スポンサーリンク