「 夜の巷を徘徊する 」

マツコ、番組初の板橋区で冒険家の生涯に感銘

番組概要

  • タイトル:『夜の巷を徘徊する
  • 放送日:1月10日
  • 放送時間:24:20~24:50
  • 放送局:テレビ朝日

番組内容

マツコ・デラックスが東京23区でなぜか一度も徘徊したことのなかった板橋区へ。蓮根(はすね)の商店街で提灯をオーダーメイド。冒険家・植村直己さんの記念館を訪れる。

マツコ・デラックスが夜の街を気の向くまま“徘徊”する自然体バラエティー! 東京23区内で唯一、徘徊したことがなかった板橋区へ。板橋区蓮根(はすね)の商店街を歩き、マツコは豆を取り扱ったカフェに入店。豆乳ラテや北海道産の珍しい煮豆を頂く。提灯(ちょうちん)の製作・販売をしているお店に入り、事務所に飾る用の提灯を注文するマツコ。提灯屋さんになるのが夢だったという店主にキッカケを聞いてみると…。そして、板橋区に住んでいた冒険家・植村直己さんの記念館へ。北極点到達時の写真やエピソードに触れ、マツコは植村さんが歩んだ壮絶な冒険人生に感銘を受ける。

引用:Yahoo!テレビ:https://tv.yahoo.co.jp/program/53490915/

出演者

マツコ・デラックス

 

この記事では、夜の巷を徘徊する[2019年1月10日]の再放送や見逃し配信情報「番組内容・出演者ゲスト」などをまとめています。

スポンサーリンク

夜の巷を徘徊する[2019年1月10日]の再放送・動画見逃し配信/無料視聴方法は?

以下、民放の動画ポータルサイトで番組の見逃し配信が視聴できるかもしれません。

こちらは番組の放送終了後に再放送の日程が公開された場合に「追記」でお知らせしていこうと思います。

映画や特番など番組によっては、放送局の都合上見逃し配信の日程が組まれない番組もあるようなのでYouTuebなども参考にしてみてください。

YouTube

動画URL:検索結果-2019

動画URL:検索結果-2019

動画URL:検索結果-2019

朝動画

動画URL:ー

TVer

動画URL:ー

GYAO!

動画URL:ー

Pandora・Dailymotion・miomio海外動画サイト

もしかしたら、観たい動画があるかもしれないけど「けっこう危険なサイト」をご紹介します!

以下、ウイルス感染などのリスクがある動画サイト

  • PandoraTV「韓国」
  • Dailymotion「フランス」
  • 9tsu「アメリカ」
  • miomio「中国」
  • B9GOOD「中国」
  • B9DM「中国」

今回は「動画サイト」で検索してみましたが、結果として以上のようなサイトがヒットしました。

結果から言うと映画やバラエティ番組などは上がっていませんでした。

さらに、どういうサイト仕様なのか分かりませんが異様にページが重かったです^^;

 

というわけで、一応実際にアクセスして調べてみましたが、今回ご紹介した動画サイトは、

もしかしたら、観たい動画があるかもしれないけど「けっこう危険なサイト

と言われているので、アクセスは自己責任でお願いします^^;

普通に視聴できる動画もあるのですが、アクセスした結果検索ブラウザが突然海外の仕様になってしまったりと…イロイロと問題もあるようです。

以前はかなり大量の違法コンテンツがアップロードされていたようですが、今現在はほとんど無くなっているようです。

実際のところグーグルが掲げる理念にも「独自コンテンツ」の重要性がしっかりと明記されているので、今後はさらに違法コンテンツを主とした動画投稿サイトなどは減っていくと思います。

アクセス自体は出来るので気になる方は自己責任でアクセスしてみて下さい。変な広告がデスクトップ上に表示されて消えなくなった!という報告がツイッター上でもかなり見受けられたので、基本おススメはしません^^;

 

まとめ、

この記事では、夜の巷を徘徊する[2019年1月10日]放送の番組に関する

  • 番組内容
  • 見逃し配信・再放送
  • ネット無料視聴方法
  • 動画サイト情報

などをまとめています。

記事の途中で紹介した、

  • PandoraTV「韓国」
  • Dailymotion「フランス」
  • 9tsu「アメリカ」
  • miomio「中国」
  • B9GOOD「中国」
  • B9DM「中国」

割と有名な動画アップロードサイトだと思うので、映画の見逃し視聴などの際に検索する、というユーザーの方も結構いるかもしれませんね。

普通にアクセスも出来るし、一応動画コンテンツも視聴可能となっているのですが、なんにせよ海外の動画サイトという事で…いろいろと問題も起こっているようです^^;

今回は、実際に起こった事例を2つほど紹介しておきましたが、気になる方はツイッターにアクセスして「海外動画サイト 危険」などのタグで検索してみて下さい。

ウイルスやネットトラブル対策などの知識が相当あるユーザーの方なら大丈夫かもしれませんが、そうでもないなぁ~という場合は、アクセスしない方が無難だと思います。

基本的には、おススメしませんが、どうしてもアクセスする場合は自己責任でやってみて下さい^^;

 

という訳で以上です。興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください^^

ここまで読んで頂き、ありがとうございました☆

スポンサーリンク